KoudouBlogs

元警察官 / 現ITエンジニア 宅トレ発信

投資ニュース研究: 政府が中国製ドローンの使用を禁止するらしいので、ドローンの国産企業を紹介します。

f:id:koudou-plus:20201103194441p:plain

どうも、こうどうです。
この記事は個人的妄想100%なので投資は自己責任の心を強く持ってから読んでください。

今回取り上げるニュースはタイトルの通りですが、

政府が中国製ドローンの使用を禁止するらしいです。
www.epochtimes.jp

理由は安全保障上の懸念ということらしいですがもっともですね。

国境監視など、防衛上重要な情報収集に中華製ドローンが使われて、その情報が全て中共政府に筒抜けとか笑えないですよね。

で、今回私がこのニュースを取り上げたのは、私が株を所有している

新明和工業がドローンの開発をしているのでこのニュースは間違いなくプラス材料かなと思ったからです。

www.nikkei.com

新明和工業大東亜戦争中はなんと戦闘機を作っていた会社です。
現在は防衛省向けに救難飛行艇US-2を製造している素晴らしい会社です。
引用元
新明和工業 - Wikipedia

前身の川西航空機は、九七式飛行艇二式大型飛行艇などの飛行艇局地戦闘機紫電/紫電改を開発・製造した会社として知られる。

新明和工業が現在実証実験しているドローンはX-USといいます。
www.shinmaywa.co.jp

公式サイトによると以下の用途での利用を想定しているということです。

観測、監視などの情報収集
インターネット・携帯電話基地局の電波中継 など

監視と書かれていますが、主語が明示されていないので、意味深ですね。

海保や海自に船舶に載せて、対中の国境監視をするのではないかと妄想してしまいます。

これから米中対立は激化し、中国は日本の国境線をサラミスライス的に侵食してくると思います。

なので、国境監視は国防の重要事項ですね。

新明和工業の株価は10月中は決算と流行病と大統領選の影響で、大きく下げて私の気分も大きく沈んでいましたが、中長期的な展望は明るいと感じました。

新明和工業には国産ドローンで株価も国防も大きく貢献して欲しいですね!

ではまた!!