KoudouBlogs

元警察官 / 現ITエンジニア 宅トレ発信

僕が実践している試練を乗り越えるためのたった一つのテクニック

僕が実践している試練を乗り越えるためのたった一つのテクニック

僕が、警察をやめてシステムエンジニアになって3年になります。

3年の経歴とは言っても、RPAや簡単なコンサル的な業務をしていた期間もあり、賞味なシステム開発経験は1年半くらいです。

ガッツリ開発経験を積みたくて、3年間で会社を2回変わり、現在3社目です。

念願叶って今の会社では開発一本でやらせてもらってます。

まだまだ経験不足のため、案件が変わるたびに頭をフル回転しながら何とか凌いでいる状況です。

仕事で試練を感じること

この仕事をしていると、やったことのない技術の案件を任せられることが当たり前

「次の案件〇〇だからよろしく!」

と言われれば、

「いやー、その(プログラミング)言語やったことないんで、勉強してからでいいっすか?笑」

なんてことは通用しません

未経験でも、営業さんが取ってきた案件はありがたく頂戴し、そして確実にこなすことに、私の存在意義があるのです。

自分のスキルレベルに対して、その案件で求められるスキルが高い場合、そのプレッシャーは相当なもので

「本当にこの案件を完遂できるのだろうか?」

という不安を感じることなどは日常茶飯事です。

そんな時、僕は今から紹介する考え方で克服してきました。

振り返ってみると、結果的に何とかならなかった案件はありませんでした。

きっと、皆さんも試練を乗り越えるために使えます。

試練を乗り越える方法

試練を乗り越えるために僕が実践している方法は

大きな問題は小さな問題に分解する

ということです。

大きく複雑な問題を頭の中だけで処理しようとすると

  • 脳のメモリ(一時記憶)やCPU(情報の処理)

処理が追いつかなくなり、思考停止してしまいます。

思考停止してしまうと、問題の解決はできません。

問題の解決のできないエンジニアは、業界で生き残っていけません。

エンジニア界隈でうつ病が多いのはこういうことなのかな。

つまり、人は一度に多くのことを考えることはできないということです。

なので、大きな問題にぶち当たった時は、できるだけ問題を小さく分解することが重要なのです。

具体的にどうしたらいいの

魔法のような解決方法はないのですが、僕が効果的だと思って実践している方法を紹介します。

解決すべき大きな問題を解決するために、何をしたら良いかを分解して箇条書きしてください。
次にその分解した項目をさらに分解してください。

すると、それまで恐怖を感じる程に難解に感じていた問題が、とても単純な問題に見えます。

これを繰り返すと、

  • タスクの細分化(何を)
  • 作業手順の明確化 (どのように)
  • 作業時間の概算(どのくらい)

が可能になります。

人は見えないもの、理解のできないことに恐怖を感じるので、見える化することはとても重要です。

なので、時間がなくて、すぐに作業を開始したいという気持ちを抑えて、まずは分解する作業をやってみてください。

きっとその方が効率的です。

この方法は、エディタやメモ帳でも良いですが、僕のおすすめはこちらです。

マインドマイスターといってマインドマップを作成するツールです。

www.mindmeister.com

まさに大きな問題を小さな問題に分解するためにうってつけのツールです。

登録すれば、無料で3つまではマインドマップが作成可能ですので、試しに使ってみてはいかがでしょうか?

※僕も無料で使っています。

今回は、僕の仕事を例に説明しましたが、

などなど

色々なことで利用可能です。

大事なことなので最後にもう一度

大きく複雑な問題 => 小さく簡単な課題(タスク)

です。

今回は以上になります。

ありがとうございました!