KoudouBlogs

元警察官 / 現ITエンジニア 宅トレ発信

不安になる原因と効果的な対処法について 元警察官が語る

アイキャッチ

不安になる原因と効果的な対処法について 元警察官が語る

ども。
KOUDOUです。

皆さんは不安になることありますか?

僕はしょっちゅうあります。

多分人間なら誰でも不安な気持ちになることってありますよね。

 今回は
・何で人は不安になるのか?
・不安を克服するにはどうすればよいか?
ということについて僕なりの考え方を紹介するわ。

不安とは

【不安とは】

[引用元 wikipedia]
不安 不安(ふあん、英語: anxiety, uneasiness)とは、心配に思ったり、恐怖を感じたりすること。 または恐怖とも期待ともつかない、何か漠然として気味の悪い心的状態や、よくないことが起こるのではないかという感覚(予期不安)である。

たぶん、多くの人が日常感じる不安って
よくないことが起こるのではないかという感覚(予期不安)
だと思うんです。

だいたいこんな感じですかね。

  • 寝坊したらどうしよう
  • 嫌われたらどうしよう
  • 怒られたらどうしよう
  • 納期間に合わなかったらどうしよう
  • ふられたらどうしよう
  • 会社首になったらどうしよう
  • 交通事故したらどうしよう
  • ガンになったらどうしよう
  • 風俗言ったのばれたらどうしよう
  • 浮気したのばれたらどうしよう

不安

全てに共通しているのは、まだ起きていないことなんですよね。

不安っていうのはまだ発生していないリスクが顕在化するんじゃないかって思って精神的に不安定になることなのかなって思うんですよ。

つまり精神的に不安定不安

不安の原因

つまり、不安にならないためには精神的に不安定にならなければいいってことなんですね。

不安定にならないためには、発生していないリスクのことを考えるのをやめることが重要かなって思います。

生きていればなにかしら、リスクは顕在化するので、顕在化してから考えればいいんですよね。

 起きてないリスクのことを考え出す終わりがないんよね。
 エスカレートすると、いつか来る死のこととか、温暖化で日本が沈むとか、家のなかにマムシが侵入するとか、ありえないリスクのことまで考えて不安になるんよね。
 リスクを過剰に意識するのは無意味やで。

不安を生み出す大きな原因の一つにテレビがあると思います。

テレビって、普通の生活では経験できないようなレアなケースを取り上げることが多いです。

テレビ

例えば、ドラマやニュースでは

  • 不倫
  • 交通事故
  • 殺人
  • 離婚
  • 薬物
  • 子供がグレル
  • あおり運転
  • 破産

などなど、リスクが顕在化したことばかりが題材だったり取り上げられたりします。

こんなテレビを習慣的に見ていたら、その人はリスクがとても身近なものに感じるのは必然だと思うんです。

でもよく考えてください。

あなたが生きてきた中で、

あなたや身近な人が

  • 覚せい剤でつかまった
  • 破産した
  • 運転中にエアーガンでうたれた

なんて経験したことありますかね?

あるとしたら、かなり稀な経験だと思うんですよ。

つまり、あなたが不安に感じたことのほとんどは、現実には起きないってことです。

過度な不安が引き起こすデメリット

逆に、あなたにとって、高確率で顕在化するリスクがあるんです。

それは、過度な不安が原因で

  • 行動できないことによる機会損失の発生
  • 高額な保険商品を契約させられてしまう
  • うつ病になる
  • 寝れなくなる
  • 占いや、性格診断などに時間とお金を費やしてしまう
  • 将来の資産形成で詐欺まがいの投資商品を購入してしまう

などなど、これらはとても身近でかつ人生における大きなリスクです。

リスク

不安の本質

最近不安の本質を理解する上でとても分かりやすい出来事がありました。

父親から孫へのプレゼントでクワガタのサナギになりかけの幼虫をもらいました。

koudou-plus.net

クワガタを育てることで、仕事中も「生きてるかな、成長しているかな」って不安になるんですね。

普通に生活してたら、クワガタの心配なんかしないですよね。

つまり不安の本質って

人間の身近に感じる出来事に対して『関心』を持つ性質

だと思うんです。

なので、今日もどこかで発生している人の死よりも、飼育しているクワガタの生死の方には関心がむけられれて不安になるんですよね。

効果的な対処法

不安にならないために大事なことは

  • ネガティブなものに関心を向けないこと
  • ポジティブなものに関心を向けること

だと思います、

つまり、テレビや新聞などを見ないようにしてネガティブな情報を遠ざける

読書や趣味、仕事、家族のふれあい、勉強などに没頭してポジティブなことに関心を向けることです。

僕が過去に『失恋』や『株で大きな含み益の発生』や『仕事の人間関係』などで大きな不安におちいった時などは

などなど、とにかく没頭することで、不安を乗り切りました。
ポジティブ

一番のダメなのは、『不安』なときに何もせず、ずっと不安のもとになったことに関心を向け続けることです。
孤独

短い言葉でまとめると
不安な時は関心を他のことにそらすこと
です。

最後に

僕は、警察官の仕事をしていた時は、

  • やくざ
  • 覚せい剤
  • 空き巣
  • 不良
  • 殺人
  • 自殺
  • 死亡事故

などとても身近なできごとでした。

なので、今でも

  • 賃貸は空き巣のリスクを考える
  • 自動車も交通事故のリスクを考える
  • 子供の学校も不良になってしまうリスクを考える

などなど、人一倍慎重です。

しかし、民間人になって警察官時代の自分を振り返ったときにリスクに対して過剰に不安を感じていたなって思うようになりました。

不安を解消するために調べることはとても大切ですが、時間は有限なので何事もある程度でとどめることが大事です。

そういう考え方を持つようになってからは、気持ちがとても楽になり『不安』と上手に付き合いながら生活できてます。

不安を感じることが多いと思っている方は是非参考にしてください。

 不安を感じることで良いこと悪いこと両方の面がある。
 大事なのは両方のバランスを保つことかな。

バランス

今回はそんな感じの話でした。
最後まで読んでいただきありがとうございました。