KoudouBlogs

元警察官 / 現ITエンジニア 宅トレ発信

転職:警察やめた理由、その後の僕の人生。

転職:警察やめた理由、その後の僕の人生。

ども。
KOUDOUです。
今回は僕が警察をやめたときの話します。

1.転職の経緯

 僕は新卒で地元を離れの大きな県の警察官になりました。

 警察学校の厳しい指導を乗り越え、人口45万人くらいの比較的大きな市に配属されて警察官人生が始まりました。

 警察の仕事は大変過酷でしたが、フィジカル・メンタル共にとてもタフでしたのでそれなりに活躍でき、天職だったと思います。

 また、生活がど田舎から大都会に変わったので、プライベートも充実し毎日が楽しく刺激的でした。

 上司、先輩、同僚にも恵まれ、飲み会や遊びにもよく誘ってもらい、ほんとに充実した日々を過ごすことができました。

 しかし、離れていた地元に対する思いから地元の県警を受け直し、地元の県警に転職をしました。

 

 警察官採用試験合格2回、巡査部長試験合格2回。
 なかなか、貴重な経験やで。
 都会から田舎に移って飲み会の回数はめっちゃ減ったな。
 まあ良し悪しで言えば一長一短って感じやわ。

2.警察を辞めようと決意したきっかけ

 転職しようと思ったきっかけは新婚旅行で行ったオーストラリアで働き方について考えさせられたことです。

 午後4時には仕事を終えて家族と外食、外食後はビーチで家族の団らん。

 日本より圧倒的に長いロングバケーション

 ※知り合ったオーストラリア人は本業が消防士で長期休暇の副業でラフティングのインストラクターやってました。「日本人旅行期間短いね」って言ってました。

 このまま自己犠牲的なやりがいと給料のためだけに働いた先にこんな幸せはやってくるのかなと考えるきっかけになった出来事でした。

3.警察をやめる前に考えたこと

 警察官であることのメリット

  • 給料が高い
  • 世間的な評価が高く、親や親戚が安心・自慢できる
  • コンパでモテる(人によるかなー)
  • 日本の治安を守っているという誇りを得ることができる
  • 柔道できる(好きな人に限る)
  • 福利厚生最強

 警察官であることのリスク

  • 慢性睡眠不足による健康被害、短命
  • 旅行や趣味などプライベートに対する組織の過度な干渉
  • 階級という名の時代錯誤な差別制度
  • 法律で規制されることのないサービス残業・出勤
  • ノルマ達成のための意味のない取締り(ポイント稼ぎ)
  • 非効率を美徳、効率化を怠けとする風潮
  • 感染症(肝炎、結核)のリスク
  • 犯罪者、違反者、変死体などに関わることの精神的ストレス
  • 人生100年時代となり65歳で定年を迎えた後は低賃金でつまらない仕事をこなすだけの余生(最も短命なので余生があるかも怪しい)

 人生において大事なこと

  • 健康
  • 時間
  • お金
  • 家族とのふれあい
  • 向上心を持ち続けること
  • 自分の進むべき道を自分で選択できる自由
  • チャレンジ
  • 睡眠

 警察官をやってるっていうと、「安定していて良いね」って言わわれるんやけど、警察官って本当に安定してるんか考えたほうがええで。
 世間でいう安定ってお金のことしか見てないんよ。
 給料高くても、お金を自由に使う時間がなかったり、慢性的な睡眠不足で疲弊してたり、健康を害して早死にするんやったらそれって安定とは言わんよね。
 

4.警察をやめると決めた後

 僕はこの時34歳でした。

 警察をやめてから何をするか、真剣に考えました。

 思いついたのはシステムエンジニアです。

 とりあえず、テックアカデミーというオンライン学習のサービスで1か月ほど勉強し

 て、この道で生きていこうと決意しました。

 この時までパソコンに関する知識は警察の仕事で書類作ったり、調書作成したりする程度、インターネットも検索エンジンで検索するくらい。
 そんな僕が、プログラミングを職業にしたいなんて自分でも驚きやで。
でも、この時考えていたことは「今できることの範囲で将来を決めたら絶対に後悔する。興味を持てることがあるなら、今ゼロでもこれからの人生で積み上げていけばいいじゃないか。」ってこと。

 そして、辞表を提出し警察をやめた2か月後、僕は東京でシステムエンジニアとなっていました。

 ※2ヶ月間は就職活動と同時にIT関連の資格取得(ITパスポート、rubyシルバー)と市の主催したRuby講習に参加するなどして勉強していました。

5.そして今

 今もシステムエンジニア続けてます。

 6月で3年が経ちました。

 とっても楽しいです。

 警察をやめたことを悔いたことは一度もありません。

 人って挑戦すると、どんどん挑戦がエスカレートするってことに気が付きました。

 実は僕3年でシステムエンジニアとして転職2回してます。

 現在3社目です。

 1社目はとてもいい会社やったんやけど、技術的にもっと高いレベルで仕事をしたいっていう思いがあって、地元の自社開発の企業に転職したんよ。
 ただ、僕が面接で少しでもやったことがある経験をペラペラと話したのを、面接官が「すごい!できるやつだ!!」と過剰に受け取ったみたいで、プロジェクトのリーダーとして採用されてしまったんよね。
 案の定、当時の僕にリーダーをできる程の技量もなく、結果的に使用期間の半年でお役御免になってしまったんだけど、ここの会社での経験で一気にレベルが上がってよかった。
 その後、市が主催するサーバーエンジニアの講習で基礎的な勉強をした後、今の会社に入った感じ。
 波乱万丈やけど、成長は早いで!!

 

 そして現在、副業でブログにチャレンジしています。

 挑戦した後振り返ってみると自分がどんどん成長しているなって実感できます。

 

 そんな感じでこれで終わります!でわでわ( `ー´)ノ